オステオパシーであなたの體をボディーチューニングしませんか?  

オステオパシーとは

  • HOME »
  • オステオパシーとは

オステオパシーとは1874年にアメリカミズーリ州のカークスビル在住の医師アンドリュー・テイラー・スティル (Andrew Taylor Still) によって創始されました。日本ではカイロプラクティック、スポンディロセラピーと共にアメリカ三大整体術と呼ばれています。1899年にウィリアム・ガナー・サザーランドにより頭蓋縫合の関節運動の研究がなされ、頭蓋に対するオステオパシー療法という新しい分野が開拓されました。

オステオパシーはギリシア語のOsteon(骨)とPathos(病理、治療)の2つを語源とし、日本では整骨療法と呼ばれていたこともありますが、骨のみを調整する手技とは異なり、骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、脳脊髄液の循環を含む脳神経系など、解剖学的あるいは生理学的な広範囲の医学知識の元に、手を使って治療を加えます。現在ではオステオパシーとそのままで呼んでいます。しかしながら単なる療法ではなく、オステオパシーとはそのままでひとつの哲学であり、

  1. 身体は1つのユニット(単位)である。
    個々の人間は、身体 (Body)・心 (Mind)・精神 (Spirit)・エネルギーが一体となって表現されている。
  2. 身体は自己治癒力をもっている。
  3. 構造と機能は相互に関与し合っている。
  4. 合理的な治療は、身体の調和、自己調整、および構造と機能の相互関係の基礎的原理に基づいている。

など、独特の医学体系を持ちます。

ご予約・お問い合わせはこちら。 TEL 090-4511-8762 9:00〜20:00

PAGETOP
Copyright © 末己止オステオパシー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.